セガサミー、大崎に移転した新オフィスを報道陣に公開

総合受付セガサミーホールディングスは9月11日、効率的なグループ経営を図るとともに、人材交流の活性化による事業間の連携強化、シナジー効果創出などを目的として、このほど都内大崎に移転した同社および同社グループ企業の新オフィスを報道陣に公開した。

新オフィスは、大崎駅南エリアの大規模複合開発「大崎ガーデンシティ」の中核となる地上24階建てのビル「住友不動産大崎ガーデンタワー」内。立地は、JR大崎駅の新西口から徒歩約6分ほどとなっている。2019年までに同社およびグループ企業の20社が2〜13F、24Fの計13フロアに集約され、約6,500人の従業員が従事するという。

会社の顔となるグループ企業の総合受付は、Journey(セガサミーの飽くなき旅)をコンセプトに、客船をイメージした内装デザインやインテリアを配置した。一方の業務フロアは、1フロア約1,600坪という都内最大級となるメガフロアの特徴を最大限に活用。部門間の壁を極力取り払い、見渡しのいいフロアで部門を超えたコミュニケーションの活性化を図る考えだ。

会議室は、世界の港町やグループIPをコンセプトとした内装が施されるなどの遊び心が盛り込まれ、憩いの場となる社員食堂は700席を完備。味や価格だけでなく、健康メニューや有名店とのコラボなど、バラエティに富んだ献立が用意されている。さらに、18時以降にアルコールを提供するバースペースも併設。従業員同士が交流する場も設けられている。

当日、挨拶した同社の里見治紀代表取締役社長グループCOOは、「以前から、グループ各社のオフィスが点在しており、一括統合したいという考えがあった。今、働き方改革が取り沙汰されているが、今回のオフィス移転はその集大成となる。そのため、これからは働き方改革ではなく、働き方改善をしていくという方針を皆に示しており、今後、移転のシナジー効果も発揮されていくことになる」とグループ企業を集約した狙いを解説するなどした。

社員食堂

オフィス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.