ダイナムジャパンホールディングスはこのほど、2019年9月中間期の連結決算をまとめ自社ホームページ上で発表した。
 
それによると営業収入は前年同期比で0.5%増の739億7,000万円、税引前中間利益が同6.0%増の131億5,000万円、中間利益が同4.5%増の86億9,600万円と増収増益となった。
 
増収増益の要因として同社では、2018年2月の改正遊技機規則の施行以降、市場は縮小傾向が続いているが、そうしたなかで上半期はパチスロ分野を中心に回復傾向に好転したと説明。パチスロ機の設置台数の増加など同ジャンルへの投資を強化したほか、販売管理費の削減などによって増収増益を達成することができた、とした。なお、株主への利益配分については、安定配当継続の観点から1株あたり6円の中間配当とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.