ダイナムジャパンホールディングス(ダイナムJHD)は12月10日、事業パートナーであるウェイケ・ゲーミング・テクノロジーと共同開発した「ダイナミックWシリーズ」の3機種が、11月30日からマカオのレジェンド・パレス・カジノで稼働を開始したことを発表した。
 
ウェイケ社はマカオ市場向けのカジノマシンの製造及び販売ライセンスを保有するシンガポールの企業で、かねてよりダイナムJHDとパートナーシップを結んでおり、共同開発においては、パチンコのゲーム性を取り入れたマスマーケット向け・時間消費型の「パチンコボーナスシリーズ」と、1リール・1ラインで当たり・ハズレが短時間で決まる「ハーフチャンスシリーズ」の組み合わせによる「ダイナミックWシリーズ」を提案していた。ダイナムJHDでは後継機種の開発を通じてハイローラー向けカジノマシン中心のマカオで、マスマーケットを開拓していく考え。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.