プローバが自社農地の無農薬野菜を使った飲食店をオープン

広島県を中心にパチンコホールやゲームセンターなど、アミューズメント施設を展開するプローバグループ(平本直樹社長)は5月28日、広島市中区紙屋町に、無農薬野菜をメインとした飲食店「VEGIMO 野菜食堂」をオープンした。
 
同社は今期から無農薬野菜の生産・販売などを行う「ベジモ事業」に参入しており、店舗では自社農地で育てた無農薬野菜を使用。現在は農地やオペレーションの都合上、約50%の比率になっているが、将来的には100%自社農地から直送した食材を使用していくという。
 
店舗はビルの一階部分にあり、広さは86㎡。席数は30席で6名の個室も用意している。同社では「野菜本来のおいしさを味わいながら安心で安全な野菜を楽しんでいただきたい」という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.