プローバが自社農地の無農薬野菜を使った飲食店をオープン

広島県を中心にパチンコホールやゲームセンターなど、アミューズメント施設を展開するプローバグループ(平本直樹社長)は5月28日、広島市中区紙屋町に、無農薬野菜をメインとした飲食店「VEGIMO 野菜食堂」をオープンした。
 
同社は今期から無農薬野菜の生産・販売などを行う「ベジモ事業」に参入しており、店舗では自社農地で育てた無農薬野菜を使用。現在は農地やオペレーションの都合上、約50%の比率になっているが、将来的には100%自社農地から直送した食材を使用していくという。
 
店舗はビルの一階部分にあり、広さは86㎡。席数は30席で6名の個室も用意している。同社では「野菜本来のおいしさを味わいながら安心で安全な野菜を楽しんでいただきたい」という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.