ユーコーリプロ、愛知中央リサイクル工場が稼動を開始

ユーコーリプロ(福岡市中央区、金海基泰代表取締役社長)は3月25日より、使用済み遊技機リサイクル工場「愛知中央リサイクル工場」の稼動を開始した。
 
愛知中央リサイクル工場は、使用済み遊技機の回収中継拠点として2018年7月に開設していた「名古屋デポ」を工場化したもの。同社としては、西日本工場(福岡県北九州市)、東日本工場(埼玉県加須市)に次ぐ3拠点目のリサイクル工場となる。
 
同工場は名古屋高速(小牧南)出入口真横に立地。東名・名神・中央道・東海北陸道に直結しており、物流拠点に欠かせない利便性の高い交通アクセスを備えている。

今回の工場化によって同社では「遊技機メーカーが集中する名古屋近郊にある地の利を活かし、リユース部品に対するメーカーニーズに迅速な対応を目指すとともに、帯電防止環境が整備された検査室を多く設置してリユース部品の品質工場と需要喚起、その拡充につなげていきたい」。また、折しも今年は認定・検定切れに伴う旧規則機の大量撤去が重なるため「西日本、東日本、そして愛知中央の3工場体制で適正処理に総力を挙げて取り組んでいく所存」としている。
 
■愛知中央リサイクル工場
所在地:愛知県小牧市川西3-7
敷地面積:12,944㎡
工場棟のべ床面積:7,820㎡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.