神奈川県遊協が県と3市とで「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」

神奈川災害協定調印3神奈川県遊協はこのほど、神奈川県と横浜市、川崎市、相模原市の間で、地震などの大規模災害が発生した際に帰宅困難者を支援する「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」を締結し、8月26日に神奈川県庁で締結式が執り行われた。
 
協定は、地震などの大規模災害時によって公共の交通機関が途絶した際、徒歩帰宅者に対して水道水の提供やトイレの提供をはじめ、道路等の情報や休憩場所の提供を行うというもの。神奈川県の黒岩祐治知事は、「いつ起こるかわからない災害に備えた支援策の一環としてこうした協定を神奈川県遊協と結べたことは、県民の安心安全を守るための大きな一歩だ」と謝辞を述べた。
 
また、協定書の交付を受けた伊坂重憲理事長は、「我々の店舗は街道沿いや駅前など立地の良いところが多く、AEDなどの設備も全店に完備している。有事の際の一助になると考えて今回の協定を締結したが、こうした取り組みが神奈川県から全国のホールに広がっていくことを望んでいる」と語った。

協定に基づく支援に賛同した神奈川県内のホールは、令和元年7月30日時点で400店舗。今後は「災害時帰宅支援ステーション」として店舗の入り口などにステッカーを掲示して、周知を図ることになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.