新潟県遊協、車両購入費として福祉施設に400万円を助成

新潟県遊協は県内2カ所の障害者施設に、リフト付き移送用福祉車両の購入費として、総額400万円を共同募金会を通じて寄付した。10月12日、市内の新潟ユニゾンプラザで開催された共同募金会主催による車両助成交付式において、それぞれの施設へ目録が贈られた。
 
新潟県遊協は昭和53年に福祉施設への寄贈・寄付事業をスタートさせ、平成14年から共同募金会を通じて車両購入補助金として寄付活動を実施。平成24年から、より財政基盤が脆弱な障がい者支援施設を対象に高額車両の助成交付を続けている。その累計額は今回の分を含め約1億7,000万円に上っている。
 
交付式に来賓として出席した新潟県遊協の佐藤孔一理事長は、「助成金はコロナ禍で厳しい経営状況のなかから組合員が捻出している貴重な財源。こうしたかたちで地域の皆さんにお力添えできる活動は経営者としての務めであり喜びでもある。これからも組合が果たすべき役割を考えながら地域社会への貢献に取り組んでいきたい」と挨拶。受領した施設に福祉車両の有効活用をお願いするとともに、引き続き社会貢献活動を推進していく考えを述べた。今回、車両購入費を受領したのは、県下の社会福祉法人新潟地区手をつなぐ育成会「福祉事業所ハーモニー」と、特定非営利活動法人あおぞら「あおぞらポコレーション」の2施設。交付式では共同募金会・小田敏三会長より2施設の代表者に助成金の目録が贈られた後、佐藤理事長よりレプリカのゴールデンキーが渡され、各施設の代表者がお礼の言葉を述べた。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.