ダイナム、全店舗で新たな感染防止対策を追加

ダイナムは新型コロナウイルスの感染防止対策の一環として、経営する404店舗に自動検温装置およびオゾン発生器を導入すると発表した。
 
入店時に来店客の体温をチェックする自動検温装置(MITEKEN)は、0.5メートルの距離で測定が可能な非接触タイプで、検温時間は1秒未満。体温37.5℃以上の来店客があった場合、アラームが鳴ってスタッフに知らせる。また、オゾン発生器は、マスクを外す機会の多い喫煙ルーム内に設置。塩素の約6倍の酸化力があるオゾンによって、密になりやすい空間を除菌・脱臭するというものだ。
 
今回の感染防止対策についてダイナムでは「営業再開にあたっては、万全な感染防止対策を行ってきたことで、当社のみならずパチンコホール業界全体でクラスターは発生しておりませんが、依然として営業収入は前年対比70%~80%の水準に留まっております。お客様に安心してご来店いただくためには、さらなる感染防止対策が必要と考え、今回の追加対策を決定しました」としている。同社では今後も遊技台や関連設備を光触媒による除菌コーティング施工を全店で実施することで、来店客が安心、安全にご遊技できる環境維持に努めていく、としている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年3月号

主な記事:

回復基調に水を差す緊急事態宣言の再発令と措置の延長
低稼動状態からの反転攻勢へ 業績向上のカギはパチンコの管理

地域の発展や変化に合わせて拡大・伸張した激戦区の現在
首都圏繁華街にある「衛星都市」の変遷

全日遊連全国理事会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

遊技通信創刊70周年記念対談・
光和総合法律事務所 渡邊洋一郎弁護士

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.