遊技機取付けをスポーツ化に NiSが設立会見

「日本iスポーツ機構」(NiS)の設立記者会見が1月15日、都内板橋区で行われた。同機関はパチンコ遊技機の取付けを「iスポーツ」として競技化し、それに必要な技術と知識を高め、併せて健康な心身育成を目的とした団体で、昨年11月12日、業界関係者を中心に、一般社団法人格として設立。現在まで理事6名、事務局長1名で構成されている。
 
設立会見で機構の大原弘代表理事は「iスポーツとは遊技機の取付けを競技化したもので、その精度とスピードを競い合う、今までにないまったく新しいチャレンジです。私共はiスポーツを通じて参加者の競技力とスポーツ精神を向上させ、健やかな社会とスポーツ文化の発展に貢献していきたいと思っています。今後は参加者とともに協賛企業や賛助会員、支援者を増やしていきたい」と挨拶。競技の振興に関する研究と啓発を進めながら、iスポーツを広く普及させたいと述べた。また、大原代表理事はiスポーツを将来的には国内だけでなく、国際的な競技大会にしたい考えを述べながら、それに向けて積極的な施策を打ち出して行きたい、とも語った。
 
機構では「iスポーツ」の競技会主催のほか、競技参加に必要な「iスポーツ健康アドバイザー」の資格認定テストや、アドバイザーの上級資格で大会の審判やインストラクター業務に必要な資格である「iスポーツ健康マスター」のライセンス発行などを行うという。なお、2月20日には「iスポーツ競技体験会」が、4月中旬には「GENNOUカップ第一回入換屋選手権」がそれぞれ開催される予定。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年3月号

主な記事:

回復基調に水を差す緊急事態宣言の再発令と措置の延長
低稼動状態からの反転攻勢へ 業績向上のカギはパチンコの管理

地域の発展や変化に合わせて拡大・伸張した激戦区の現在
首都圏繁華街にある「衛星都市」の変遷

全日遊連全国理事会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

遊技通信創刊70周年記念対談・
光和総合法律事務所 渡邊洋一郎弁護士

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.