ニューギングループが「ほほえみサポートプロジェクトsince2011〜」特設サイトを開設

ニューギングループは震災からちょうど10年目となる今年3月11日、「ほほえみサポートプロジェクトsince2011〜」特設サイトを公開した。

2011年に発生した東日本大震災を機に、ニューギングループではそれまで展開していたCSR・社会貢献活動をより本格化させ、被災地支援につながる活動に注力してきた。「東北に元気を」を合言葉に、被災した企業支援を目的として東北の有志が立ち上げた「Buy!TOHOKUプロジェクト」には設立当初から協賛。東北の様々な産品を全国に紹介するコラボプロジェクトの歩みを共にしてきたほか、2018年からは原発事故による風評被害に苦しむ福島の子どもたちの未来を応援する復興支援イベント「福魂祭」コンサートへの協賛活動も毎年行っている。

この特設サイトでは、ニューギングループが被災地の方々と共に歩んできた2011年から現在までに至る10年間のCSR活動の足跡をふりかえると共に、その年月の中で出逢ってきた人と地域の「今」と「これから」をインタビュー動画や多彩なコンテンツを通して伝えていく。今後はさらに、東北の復興状況を知るための知識コーナーやぜひ訪ねてほしい東北のスポット紹介コーナーなども開設していく予定だ。

ニューギングループでは「このような情報発信を通じて、東日本大震災の記憶と教訓を風化させない一助となり、東北への関心を呼び覚ますことを願っております。また『東北からの最新メッセージ』をお伝えしていくことにより、全国における防災意識の高まりにつながれば幸い」としている。

◆ほほえみサポートプロジェクトsince2011〜特設サイト

https://www.newgin.co.jp/contents/csr_sp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.