マルハン運営の「新文芸坐」 日本映画批評家大賞で特別賞

マルハンが都内池袋で運営する映画館「新文芸坐」が、このほど第30回日本映画批評家大賞の特別賞を受賞した。同賞は長年にわたって日本映画界に貢献してきた個人や団体に授与されるもの。
 
文芸坐は1956年、東京・池袋駅東口の映画館「人世坐」の姉妹館として開館。当初は松竹洋画系の封切館だったが、人世坐の閉館後に名画座に転向し、併設していた映画書籍の店も含めて映画ファンの間では聖地とも呼ばれていたが、1997年に建物の老朽化などを理由に閉館した。その後、2000年にマルハンが経営権を取得し、文芸坐跡地にマルハン池袋ビル内に「新文芸坐」を再オープン。以来、低料金で多彩なプログラム、映画監督や俳優によるトークショーなどを行う唯一無二の名画座として60余年にわたって映画ファンに愛され続けている。
 
今回、初の受賞となったマルハンでは「記念すべき第30回目となる日本映画批評家大賞・特別賞をいただいたことを大変光栄に思います」とコメント。また、新文芸坐のマネージャー・関口芳雄さんは「今後も数少ない名画座の一つとして日本映画界に貢献していきたい」と話している。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.