オータが寄居町と災害時協定、「サテライト花園寄居」の立体駐車場を車中泊場として開放

寄居町の花輪利一郎町長(左)とオータ「サテライト花園寄居」の宮地伸浩場長

全国でホール42店舗を展開するオータ(本社・東京都新宿区)は9月27日、埼玉県寄居町と「災害時等における施設等の提供協力に関する協定」を締結した。

この協定は、同社が9月30日から開場・運営する埼玉県初の競輪場外車券売場「サテライト花園寄居」(管理施行者・埼玉県)の立体駐車場を災害時などに車中泊場として町民に開放するという内容。サテライト花園寄居は、2014年に閉店したグランドオータ寄居店の施設を利用した建物で、立体駐車場の収容台数309台のうち屋根付きの206台分が開放されることになっている。

コロナ禍で感染リスクを抑える分散避難のひとつとして車中泊が推奨されるなか、寄居町が車中泊場を中心とした避難場所を探していたことから今回の協定締結に至った。オータとして自治体との災害時協定は今回で5件目となる。

9月27日に寄居町役場で行われた協定調印式には、寄居町の花輪利一郎町長や自治防災課の担当者、オータからはサテライト花園寄居の宮地伸浩場長らが出席した。

挨拶で花輪利一郎町長は「令和元年東日本台風では寄居町においても家屋の大規模半壊や事務所などの浸水被害が発生しており、災害対策は喫緊の課題となっている。今回の協定は、台風や大雨など災害のおそれがある段階から、分散避難のひとつである車中泊場として立体駐車場を提供していただけるという大変ありがたい協定。町民の迅速かつ円滑な避難行動に結びつくことで、町民の安全と安心がさらに向上するものと強く確信している。本日を契機に、オータの皆様と手を携えて災害に強いまちづくりを進めていきたい」と謝意を述べ、宮地場長は「災害はないに越したことはないが、有事はいつ何時あるやもしれない。その備えとして寄居町の皆様の安心と安全を提供できる施設として運営していきたい」と応じた。

今回の協定について寄居町では広報やホームページで町民に告知していくほか、サテライト花園寄居を運営するオータでは今後、避難訓練などを通じて周知していきたいとしている。

9月30日に埼玉県初の競輪場外車券売場として開場する「サテライト花園寄居」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年11月号

主な記事:

半導体に続き樹脂や金属類も不足、周辺機器市場へも影響与える
深刻化する部材不足による新台の停滞 試練続く経過措置期間の遊技機環境

「レジャー白書2021」発表 コロナ禍の余暇市場まとめる
新型コロナ禍が拍車掛け市場規模も大幅縮小 求められる「ファン人口」より「参加人口」拡大の施策

ホール企業と組合が各地で職域接種

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑪ 日工組理事長 榎本善紀氏

話題の新サービス ダイコク電機「スマート入場システム」

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ①「業界動向10大キーワード」

幕張メッセで「東京ゲームショウ2021」開催

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.