発表会終了後に行われたフォトセッション。右からアサヒディード執行役員の豊田淳氏、タツミコーポレーションの李煥辰社長

兵庫県のタツミコーポレーションと大阪府のアサヒディードは11月9日、両社の共同開発によるプライベートブランド(PB)機「パチスロミクちゃんとイドムンのミラクルチャレンジ」の発表会をANAクラウンプラザホテル神戸で開催した。
 
同機は両社のマスコットキャラクターをモチーフにした6号機のAタイプパチスロ機。タツミコーポレーションでは2019年にPB機を導入しているが、競合企業がタッグを組み、ゼロベースで企画開発するのは業界初の試みとなる。
 
発表会で挨拶したアサヒディード営業部の笠島雄史部長は、「タツミコーポレーションと弊社の想いが詰まったPB機をこのような形で皆様にご紹介できることを大変うれしく思っている」と語った。また、今回のプロジェクトチームの代表を務めたタツミコーポレーションの李煥辰社長は、新機種の開発にあたって立ち上げた「TRY FUTURE PROJECT」の設立経緯について、「今後を見据えるとスマートパチンコやスマートパチスロ、新紙幣への対応など大きな設備投資が必要になる。長期運用できる遊技機も少ないことから、現場の意向を取り入れて他店舗との差別化を図り、価格を抑えることもできるPB機を開発することを目的としたプロジェクトを立ち上げた」と述べた。両社は関西圏でしのぎを削るライバル法人だが、限られた店舗で導入できる稀少性とともに、多店舗展開する2社のスケールメリットがあるとしている。
 
同機は出玉率が設定1で100.7%、設定6で108.2%、大当り確率は設定1で1/113.7、設定6で1/96.7と幅広い層が楽しめるスペックを採用。上パネルに設置されている「MIRACLEランプ」が光れば大当りという単純明快なゲーム性で、先告知や後告知をはじめパネルの消灯やリールアクション、スタートや払い出し時のサウンドなど、26種類の多彩な告知演出も搭載している。
 
導入は12月10日から。タツミコーポレーションでは兵庫、大阪、山口エリア25店舗、アサヒディードは大阪、千葉エリア12店舗に順次導入される。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.