ダイコク電機はこのほど総務省の「テレワーク先駆者百選」に認定され、11月17日に公表された。
 
この認定は、総務省がテレワークの普及促進を目的として、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」および「テレワーク先駆者百選」として公表しているもの。
 
ダイコク電機ではテレワークの導入による従業員の光熱費や通信費の負担を軽減するために「テレワーク手当」を支給するとともに、スマートフォン・モバイル・Wi-Fi・ノートパソコン・大型液晶ディスプレイの会社貸与による業務環境の整備にも配慮している。テレワーク中に急遽出社や出張が必要になった場合は「部分テレワーク」も可能とする社内規則の変更など柔軟な対応も行っている。
 
また、テレワークの推進をはじめとする以下の取り組みを行うことにより、時間に制約のある従業員への配慮や、各種制度を利用しやすい職場環境の整備、男女ともに働きやすい職場づくりとして、ワーク・ライフ・バランスを推進している。
 
・テレワークや残業削減推進
・マイライフ勤務(結婚・育児・介護による時短勤務)制度
・スライド勤務制度
・半日有給休暇/時間単位の有給休暇制度
・誕生日休暇/結婚記念日休暇制度
・24時間健康相談ができる健康サポート窓口設置
 
同社では、引き続き従業員に対してテレワークの推進および子育て支援や有給休暇の取得促進、長時間労働の抑制など、ワーク・ワイフ・バランスに関する取り組みを推進し、従業員が仕事上の責任を果たすとともに、生活と仕事を両立しながら多様な生き方を選択・実現できる職場の実現を目指していくとしている。
 
■総務省 テレワーク先駆者百選 WEB サイト 
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000327.html 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.