ニューギングループは、CSR活動「ほほえみサポートプロジェクト」の一環として、大阪地区で初めてとなる事業者支援プロジェクトを始動させた。

2015年より同グループでは「障がいを持つ人に働きがいを提供したい」という想いから、静岡県浜松市のNPO法人 トータルケアセンターにコラボ商品の製造を依頼し、施設運営の支援を継続的に実施するなど、様々な事業者支援活動を実施してきた。

そこで今回は、大阪市浪速区の老舗茶屋「かながわ軒茶舗」とその製造パートナーである障がい者支援施設「レオHOME」とのコラボレーションを実施。企業へのグッズ発注を通じてその作業パートナーである障がい者支援施設に協同事業を発生させ、施設を利用する障がい者の方の就労支援の一助となることを目指した取り組みになっている。

今回のコラボ商品は、「ボトルにひとふり 料亭のお茶 粉末玄米茶」。京都産を主体に厳選した国内茶葉を100%使用し、カテキンなどの栄養成分をまるごと摂取できる粉末茶・ボトルタイプとなっている。携帯に便利で、ペットボトルにひとふりして軽く振るだけでいつでも美味しいお茶が愉しめる新しいスタイルを提供する。

このコラボ商品は、かながわ軒茶舗にて専用ボトルに茶詰作業を行い、レオHOMEにてラベル貼りした上で専用パッケージに梱包するという共同作業によって製造されたもの。今回の企画のために、6,000個のコラボ商品を製造してもらうことになった。

ニューギングループでは「ほほえみサポートプロジェクト」の名のもとに様々なCSR活動を展開しており、今後も継続的な社会貢献活動の実施で企業責任を果たすとともに、業界のイメージアップにつながる活動を推進していくとしている。

 

■ ほほえみサポートプロジェクト「事業者支援プロジェクト in 大阪」サイト

https://www.newgin.co.jp/contents/support_osaka/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2022年2月号

主な記事:

一方に根強い慎重論「業としての苦境は広告宣伝では救われない」
熱を帯び始めた広告宣伝のあり方議論
環境変化に応じた見直し論も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2022年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.