高齢者ケア施設の納涼祭の催しで 日本カジノスクールがカジノゲーム大会

日本でのカジノ解禁を見据えてディーラーの育成を行っている日本カジノスクールは8月21日、都内豊島区の高齢者在宅サービスセンター「アトリエ村」の納涼祭のイベントにおいてカジノゲーム大会を催した。
 
会場となった施設内のデイルームにはルーレット1台、ポーカー3テーブルを設置。集まった46人のお年寄りたちは、カジノスクールの在校生、卒業生5人のディーラーによる丁寧なゲーム運びもあって2時間余りカジノの雰囲気を存分に楽しんだ。
 
大会では、未経験のお年寄りでもルーレットやポーカーの醍醐味を味わえるよう、ルールも複雑な駆け引きを省いたシンブルなものに変更したり、ディーラーがゲーム中、常に対話と説明を行いながらプレイを進行させるなど、お年寄りへの細かい配慮が施された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.