IR議連総会、法案提出は「環境が整い次第」

IR0330カジノを含む統合型リゾートIRを国内でのカジノを含む統合型リゾート(IR)の設立を目指す超党派の議員連盟(IR議連)は3月30日、都内永田町の衆議院第一議員会館で総会を開催し、一昨年に提出されたIR推進法案を一部修正した。同議連の岩屋毅幹事長は、法案の提出時期について、「各党での党内手続き後、環境が整い次第」と明言しなかったが、改めて今国会内での法案成立を目指すことを強調した。

今回決議された主な修正項目は、昨年10月に行われた総会でも確認されたカジノ施設への日本人の入場に一定の条件や規制を設ける点。入場料の徴収や排除プログラムの構築などの施策を法案に盛り込むことで、ギャンブル依存症対策の一つとする考え。また今回の法案では、主任大臣を首相が務めることも改めて明文化した。

同議連の細田博之会長は「観光で稼ぐには、IR法は欠くことのできない施策。今国会では安全保障に関する法案など重要法案が山積し、その後も政府提出法案が優先される形になるが、どこから手に掛けるかということも含めて法案の成立に持って行きたい」と述べ、協力を呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年10月号

主な記事:

緊急事態宣言解除後、回復傾向だった稼動も頭打ちか
第2波が直撃 厳しさ目立った盆商戦

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.