加重処分は取り消し請求が可能に

北海道函館市のホール企業が、道公安委員会による過去の営業停止処分に手続きミスがあったとして、処分取り消しを求めた訴訟の判決で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は3月3日、一度処分を受けると次の処分がより重くなるケースでは、裁判で門前払いにならないとする判断を示し、処分の適否をあらためて審理するよう札幌地裁に差し戻した。
 
訴えていたのは函館市のホール企業、真正観光。2012年、同社経営のパチンコ店が客に提供した賞品を約1万3000円で買い取ったとして、40日間の営業停止処分を受けていたが、「手続きに不備があるなど処分は違法」としてその取り消しを求めていた。これに対して一審、二審はすでに営業停止期間が過ぎていたことから、原告に処分を取り消す法的利益はないことを理由に訴えを却下していた。
 
今回、最高裁第3小法廷は、函館方面公安委員会が、過去3年以内に処分を受けて再び同様の違反があれば処分内容を重くすると規定していることは、原告の「訴えの利益」にあたると判断。「将来の不利益が決められている処分の場合、当事者が裁判で取り消しを求める資格は否定できない」と取り消し請求の却下は不当とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

新型肺炎感染拡大で業界内イベント延期・中止相次ぐ、新台納品に影響も

2020/2/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年3月号

主な記事:

解釈が揺れる「等」の文字が追加された意味合い
迷走する「ATM等の撤去等」問題 立場の違いによる対立の構図浮き彫りに

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.