機構が理事会で遊技くぎの調査状況報告「改善の兆しが見受けられない」

遊技産業健全化推進機構は7月14日、都内の連合会館において定例理事会を開催し、「遊技機性能調査」の状況報告を踏まえた今後の対応について協議を行った。
 
調査結果報告では、6月からの約2カ月間について「サンプル数が少ないものの、時系列的にみてもはっきりとした改善の兆しが見受けられない」とされた。
 
この結果を受け機構では、①全国の誓約書提出ホールに対してさらなる改善を求めていく、②9月に予定していた情報開示についてはこれを早め、8月初旬に社員団体(14団体)と業界誌に向け、6月分と7月分の調査結果概要の開示を行うことを決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.