機構の上半期立入1169店舗に

遊技産業健全化推進機構が平成29年上半期(4月〜9月)に実施した立入検査店舗数は、51都府県方面・1169店舗に及んだことが機構の報告で明らかになった。検査遊技機台数はパチンコ3849台、パチスロ3994台の合計7843台で、計数機についても165台を調査した。機構が期初に示した年間目標検査数1800店舗を超えるペース。
 
機構によると、昨年同期比では、検査店舗数が約155%増、検査遊技機数が81.1%、検査計数機が約139.8%となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.