沖縄県のパチンコ店駐車場で生後5カ月の男児死亡

沖縄県那覇市のパチンコ店の駐車場で、車に生後5カ月の長男を6時間半放置して死なせたとして、沖縄県警豊見城署は7月22日、母親を重過失致死容疑で逮捕した。母親は「パチンコをしていた」と供述し、容疑を認めているという。7月22日の毎日新聞電子版が報じた。

逮捕容疑は、6月10日、那覇市内のパチンコ店駐車場にとめた軽乗用車の後部座席に、午前10時から約6時間半にわたり子供を放置し、熱中症で死なせた疑い。

報道によると、午後5時15分ごろに母親が子供を病院に運んだが、既に心肺停止状態で、午後6時15分ごろ死亡が確認された。不審に思った病院が通報した。調べによると、母親は車のエンジンは切り、子供を後部座席のチャイルドシートに座らせていたという。当日の那覇市の最高気温は29.2度だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.