沖縄県のパチンコ店駐車場で生後5カ月の男児死亡

沖縄県那覇市のパチンコ店の駐車場で、車に生後5カ月の長男を6時間半放置して死なせたとして、沖縄県警豊見城署は7月22日、母親を重過失致死容疑で逮捕した。母親は「パチンコをしていた」と供述し、容疑を認めているという。7月22日の毎日新聞電子版が報じた。

逮捕容疑は、6月10日、那覇市内のパチンコ店駐車場にとめた軽乗用車の後部座席に、午前10時から約6時間半にわたり子供を放置し、熱中症で死なせた疑い。

報道によると、午後5時15分ごろに母親が子供を病院に運んだが、既に心肺停止状態で、午後6時15分ごろ死亡が確認された。不審に思った病院が通報した。調べによると、母親は車のエンジンは切り、子供を後部座席のチャイルドシートに座らせていたという。当日の那覇市の最高気温は29.2度だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

喫煙専用室等の設置、条件付きで変更届出扱いに

2019/3/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年4月号

2019-4
主な記事:

次世代型遊技機に帯びる熱
依存対策が新たな推進要素に

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年3月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.