熊本で震度7の地震、SNSなどでホール内の混乱伝わる

4月14日の21時26分頃に発生した熊本県内を震源とし、最大震度7を記録した熊本地震による被害の状況が徐々に明らかになるなか、地震発生当時のホール内の様子を撮影した画像や動画などがSNSを通じて拡がっている。

そこには、床に散らばるコインや、店外へと避難する客らの模様が収められており、地震発生当初の混乱した様子が伝えられている。ほかにも、補給の樋が島内に倒れこんでいる様子などが見受けられたほか、一般報道では、店舗ファサードのガラスが粉々となって散らばる写真が報じられている。

余震は一夜明けた15日も続いており、熊本市内を中心に休業するホールが相次いでいる。そのうち21世紀グループのCORE21は早い段階で「安全点検の為、休業とさせて頂きます」とホームページなどで告知、熊本市内の店舗全てを休業としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

遊技場数が大幅減 業容縮小に拍車

2019/3/8

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年3月号

2019-3
主な記事:

ホールの人手不足を加速させる採用難と離職増のダブルショック

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.