遊技機問題などパチンコ業界に関する質問主意書を複数提出している民進党の高井崇志衆議院議員は、6月13日付けで「景品交換所のぱちんこ屋からの独立性に関する質問主意書」を内閣に提出した。
 
質問主意書で高井議員は、ぱちんこ業界においては、いわゆる「三店方式」と呼ばれる換金行為が広く普及している一方で、風営法施行規則や解釈運用基準による等価交換の規定や解釈からすると、「古物商たる景品交換所は三店方式の過程の特殊景品を景品問屋に売る取引で差益を得ることはできないことになる」と指摘。それにもかかわらず三店方式が広く普及している背景には、ぱちんこ屋が景品交換所の経営安定化のために、月極手数料を支払っている実情があり、三店方式の建前となっている景品交換所の独立性に矛盾するとしている。
 
その上で高井議員は、「古物商が、特定のぱちんこ屋の客から古物を買い取る行為に関して、当該ぱちんこ屋から手数料を受領すること」と「古物商が経営を安定化させるために、客から古物を買い取るにあたって、当該客自身から手数料を徴収すること」が、風適法や古物営業法に抵触するかどうか質問。さらに、風営法違反の行政処分の基準モデルで、現金等提供禁止違反、および賞品買取り禁止違反に関する処分の量定が、従来の「C」から平成27年に「B」へと引き上げられたものの、ぱちんこにおける不正な換金行為を抑制するためには、さらに厳罰化し、量定を「A」まで引き上げるべきと考えるとして、政府の見解を求めている。
 
今回の高井議員の質問主意書の内容については、「聞きたいことはわかるが、何か勘違いしているのではないか」などの疑問の声も出ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.