JALCOホールディングスに課徴金納付命令

証券取引等監視委員会は11月21日、金融庁に対してJALCOホールディングス(ジャスダック)に1億5,100万円の課徴金納付命令を発出するよう勧告を行った。これを受け同社では、「勧告が行われたことを真摯に受け止め、金融庁から正式な通知を受領次第、対応について検討する」としている。

中古遊技機の取り扱い大手、株式会社オムコが今年2月26日に破産した関連で、主要取引先だった同社では、オムコの破産手続きの開始決定を受ける前日に、オムコ側が不正行為を行っていた疑義が判明したとして、取引を停止したことを発表。オムコに対する売り掛け債権と貸付金が取り立て不能のおそれがあることを明らかにするとともに、第三者委員会を設置して調査を行うとしていた。

5月30日に公表した調査報告書では、オムコとホールとで中古機の売買契約が成立した場合は、その売買契約書を100%子会社のジャルコ・アミューズメント・サービスに提出する取り決めがなされていたが、オムコは契約が存在しないにも関わらず売買契約書を偽造。契約があった場合でも、機種数や台数の記載を操作し、代金の水増しを行っていたとしていた。さらにオムコでは、中古機を管理するための委託倉庫が実在するかのように振る舞うなど、様々な偽装工作を行ったとしている。調査結果を受け同社では、6月30日付で過年度の有価証券報告書等の訂正報告書を関東財務局に提出している。

また、今回の証券取引等監視委員会の勧告について、一部報道で「売上額を約60億円過大計上して決算を粉飾した」とされたことについて同社では、「取引先による架空取引等の不正行為の判明を端緒として、過年度決算の訂正を行った」「当社の内部管理体制の不備により、当該不正行為を看過してしまった結果によるもの」として、結果的に虚偽記載に至ったことを説明。併せて、内部管理体制について改善の必要性が高いとして東京証券取引所から7月1日付で特設注意市場銘柄に指定されていることについて、現在、指定解除に向けて改善への取り組みを進めているとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.