スマートビルディングEXPOビル開発やオフィス、住宅の管理・運用をはじめ、省エネなどにも役立つ製品が一堂に集まる「スマートビルディングEXPO」が12月13日から15日まで東京ビッグサイトで開催され、オフィスやアミューズメント施設向けに業務用空気清浄機を提供するJ.G.コーポレーションが出展した。

同社のブースでは、遠隔地から照明やエアコン、ボイラーなどさまざまな機器の監視や操作を簡単に行うことができる「遠方監視操作WRCシステム」をはじめ、分煙スペース向けに開発した喫煙室用ワンパス脱臭装置「OP100」を展示。プレフィルターがゴミや埃を除去し、集塵セルがタバコの煙をカットするとともに、オゾン分解触媒とオゾン生成ユニットが悪臭物質を分解。有毒ガスに反応する多孔質吸着材による脱臭を加えた4段階構造で、優れた集塵と脱臭性能を実現している。清潔な空気を排出するため屋内排気も可能で、定風量コントロールによって喫煙室からの臭いや煙漏れを防止する機能も搭載した。

同社では、「成立が見込まれる都の受動喫煙防止条例に合わせ、ホールの喫煙コーナーや休憩所で柔軟な運用ができるよう提案していきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.