アドアーズ、中間決算で減収減益

IMG_7069アミューズメント施設や不動産事業などを展開するアドアーズは11月17日、東京証券取引所で2016年3月期第2四半期決算説明会を行った。
 
アドアーズグループ連結の売上高は前年同期比6億2,400万円減の111億5,800万円、営業利益は同3億6,400万円減の3億4,800万円、経常利益は同3億4,900万円減の3億400万円、四半期純利益が同9億9,600万円減のマイナス4億2,900万円の減収減益を明らかにした。
 
同社では、各セグメントで減収が響いたことに加え、前期好調だった不動産アセット事業や大型商業建築事業の反動がおもな減収要因となったことを報告。利益面では、各セグメントの利益減に加え、介護事業の休止に伴う特別損失の計上が響き、利益を大きく押し下げる結果となった。
 
セグメント別にみると、アミューズメント施設運営と景品製造・販売からなる「総合エンターテインメント事業」の業績(連結)については、売上高が前期比1億4,500万円減の75億8,000万円、セグメント利益が同9,000万円減の4億9,200万円の減収減益となった。遊びの多様化や個人消費の減退などといった外的要因のほか、好調なクレーンゲームジャンルの影でメダルゲームジャンルの売上減少が大きく影響した格好だ。
 
2016年3月期通期業績予想では、売上高220億円、営業利益8億円、経常利益7億円、当期純利益マイナス1億1,000万円としている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【日遊協令和2年度総会における警察庁保安課長講話】

2020/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.