アドアーズ、特別損失計上で12億円の赤字に

アドアーズ決算アミューズメント事業を中心に不動産事業、商業建築事業などを展開するアドアーズは5月17日、東京証券取引所で2016年3月期決算説明会を開催した。グループ連結の売上高は、前期比4.3%減の223億9,600万円、営業利益は同12.9%減の5億7,800万円、経常利益は同8%減の5億700万円で減収減益となった。また、介護事業の休止に伴う特別損失に加えて店舗閉店や関連資産の減損処理に伴う特別損失として6億5,300万円を計上したため、当期純利益は12億5,300万円の赤字となった。
 
主力事業の総合エンターテインメント事業(連結)は、店舗数の減少に伴う売上減少やメダルゲームジャンルの売上減、景品の製造販売部門における原価コストの増加などが影響し、売上高は前期比2.3%減の147億8,900万円、セグメント利益は同19.7%減の6億9,300万円の減収減益となった。一方、同社が第2の収益源と位置づける不動産事業(連結)は、新たな支店開設による事業エリアの拡大や分譲住宅市場の回復基調を受けて、売上高は前期比6.1%増の61億9,200万円、セグメント利益は同19.1%増の4億9,300万円の増収増益となっている。

2017年3月期の業績予想では、売上高220億円、営業利益8億円、経常利益7億円、当期純利益3億円を掲げた。また、今期はグループ創設50周年の節目の年となることから、全社をあげた「50周年プロジェクト」を展開し、各種イベントの企画やPR、既存業態のブランディング強化を推進することで収益力と認知度の向上を図っていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.