アミュゼクスが定例セミナー開催

OLYMPUS DIGITAL CAMERAアミュゼクスアライアンスの月例セミナーが1月17日、港区のNNスペースで行われた。

業界最新動向をテーマに講演したアライアンスの田守順代表は、遊技機撤去問題に関連して新基準機の動向を報告。「受け皿となる新基準機が、当初懸念されていたMAX客の客離れや流出をぎりぎりのところで防いでいる印象」としながらも「売上、利益はともにダウンしているのでホール事業者にとってはここが正念場。これまでのように機械代回収のために利益確保に走って稼働低下を招いてしまっては将来的に営業が立ち行かなくなる。今こそ他店との差別化に繋がるような薄利営業を行うべき」と話すなどした。

その一方で借入のある金融機関へはリスケ対応によって財務内容の見直しを図ることを提案。的確な営業戦略と財務戦略で厳しい時代を乗り切って欲しい、と呼びかけた。
 
また、田守氏は昨年国会で可決された統合型リゾート(IR)推進法に触れ、今後はギャンブル依存症対策が一つのポイントになってくる、との考えを示し、公営ギャンブルと同じように、パチンコ業界も依存症対策が迫られていると報告。「依存症対策の基本法が包括的に調整されるなかで、地方自治体や事業主体が相応の責任を負うことも議論されており、業界関係者は今後も注視していく必要がある」などと述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

日遊協 庄司孝輝会長が辞任

2020/7/31

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.