エンビズ総研が景気動向指数「DI値」を発表

エンビズ総研が「パチンコ景気動向指数(DI)調査」の12月調査の結果を発表した。調査はアンケート形式で四半期ごとに行い、短期的な景況感を示す「DI値」を算出している。
 
売上、粗利などから総合的な景況感を判断する「全般的業況DI値」は、9月の前回調査から33ポイント悪化してマイナス55.2ポイントとなった。マイナス域での推移は21期連続。
 
分野別の稼動状況では、パチンコが前回調査から12.2ポイント悪化してマイナス44.1、パチスロが同23.4ポイント悪化してマイナス37.3ポイント。いずれも数値が下落しているが、そのなかでもパチスロの景況感悪化が目立つ結果となった。
 
今回の調査では、トレンドウォッチとして「回収対象機撤去と今後の営業」についてのアンケートも行った。新基準機ミドルの稼動については、「悪い」の11.1%と「やや悪い」の52.8%をあわせて、60%以上が稼動の悪さを感じていると回答している。
 
また、昨年12月1日時点で50%以下とした新基準に該当しないパチスロ機の設置比率調査では17.5%が「50%を上回っている」とした。このうち、10%が「周りにあわせて撤去する」、5%が「行政からの要請があるまで撤去しない」、2.5%が「早めに撤去する」と回答している。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

1月のホール企業採用熱、5カ月ぶりに平均値を下回る

2020/2/17

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年2月号

主な記事:

旧規則機撤去後を見据えた動きも徐々に活発化
大型連休になった年末年始商戦 PSともに今年も稼動が続落

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.