エンビズDI調査、パチンコ回収リスト調査ではホールの4割が設置比率3%未満と回答

エンビズ総研は5月6日、「パチンコ景気動向指数(DI)調査」の3月調査分の結果を発表した。

業界全体の景気動向を示す全般的業況は昨年12月の前回調査から8.1ポイント良化したマイナス37.7ポイント。数値が改善したものの、これで18期連続のマイナス域となった。また、3月調査は年間で数値が最も高くなる傾向があるが、最近の5年間で最も悪い数値となっている。

全般的業況の企業規模別調査では、11店舗以上の大規模事業者が前回調査から7.9ポイント悪化したマイナス26.7ポイントとなり、数値を回復させた中規模事業者(4~10店舗)、小規模事業者(3店舗未満)と対照的な結果となった。

調査では、業界動向への意識を調査するトレンドウォッチを実施しているが、今回は「パチンコ機回収リストの影響」を取り上げた。第一次、第二次回収リストの対象機種について、自社の設置比率を質問した項目では、44.7%が「3%未満」と回答し最も多く、次いで「5%以上10%未満」の31.9%、「3%以上5%未満」の12.8%となった。

回収リストの影響については37%が「影響する」と回答、「やや影響する」の34.8%とあわせると、7割以上が何らかの影響があるとしている。自由回答では、「明確な責任の所在がないのはおかしい」「沖海3が回収リストの対象となったことはかなりの影響を受けている」「低貸玉店では中古機が多いことから、遊技機購入費の増加による影響がある」「撤去リストの内容よりもそれに替わって導入すべき台がほとんどないことのほうが問題」などとあり、様々な観点からホール関係者の不満がくすぶっていることが窺える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.