オンラインでパチスロの実機がプレイできるサービスが登場

設置遊技機IoTエンターテインメントは4月5日、パチスロの実機をオンラインで操作して遊ぶことができる新サービス「Amulive」(アミュライブ)の正式リリースに伴う記者発表会を、都内銀座のGINZA Lounge ZEROで開催した。

発表されたのは、PCやスマホなどを通じて、遠隔地に置かれたパチスロの実機(=写真)を現実に操作して遊ぶことができるサービス。プレイヤーは「Amulive」のサイトに会員登録してログイン後、遊びたい機種を選定する。その後同サイトで使えるポイントである「LP」(最低購入単位1,000円=8,000LP)をクレジットカードで購入。そのLPをメダルに交換(1,000LP=50枚)してプレイする。なお、18歳未満のユーザーは会員登録ができない。

プレイ後に獲得したメダルは、所定の交換率に応じてLPに精算する。貯まったLPを、景品と交換することはできないが、ゲームを優位に進めるための設定変更権の取得や、今後水平展開していきたいとする釣りゲームや占いゲームなどで利用できるようにすることを想定しているという。

現在遊べるのは、4〜5号機のパチスロ機が308台、100機種ほどで、今年の中頃までにはパチンコ機でも遊べるようにしていく計画としている。

発表会で挨拶した同社の原田宏一代表取締役は、今後の事業展開を説明。「パチンコ業界との共存共栄」を強調しながら、閉鎖や業態転換を考えているホールに対して、同事業のフランチャイズを呼びかけるなどして事業の拡大を図り、年度内には1万台規模で、100万ユーザーの獲得を目指すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.