オーイズミ子会社が太陽光第2発電所開所式を開催

オーイズミの100%子会社である神奈川電力は8月23日、厚木市上古沢に昨年7月竣工した大規模太陽光発電所「県央厚木太陽光発電所」の隣接地に建設していた第2発電所の開所式を開催した。
 
完成した第2発電所は、総工費約7億円を投じて造られたもので、敷地面積約3万4857平方メートルの土地に太陽光モジュール約8,000枚を設置。第一発電所との合計で最大出力は3.92メガワット、年間発電量は約380万キロワット/時に増強され、一般世帯の使用電力量に換算すると約1,060世帯分に相当する電力を作り出すことができるようになった。

 
開所式には神奈川県の黒岩祐治知事、厚木市の小林常良市長、県・市議会、県央経営者会のメンバーら多数の関係者が臨席。神奈川電力の代表取締役を務めるオーイズミの大泉政治社長は挨拶で、発電所で作られた電気を市内15の公共施設に供給する契約を厚木市と締結したことも報告し、今後も電力供給に特化した事業を積極的に展開していくと語った。
 
神奈川電力は、栃木県那須郡に新たな発電施設を建設中であることも明らかにした。この発電所は、総事業費約57億円の巨大プロジェクトで、ゴルフ場跡地の41万6,700平方メートルに太陽光パネル7万7,000枚を設置する。計画出力は20メガワットが見込まれている。発電開始予定日は平成28年1月。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.