ゲンダイエージェンシー 増収減益に

ゲンダイ決算ホール向け広告事業を展開するゲンダイエージェンシーは4月20日、大手町サンケイプラザで2015年3月期決算説明会を開催した。
 
連結業績では、売上高が前年同期比2%増の172億8,400万円で増収を確保したものの、営業利益は20.3%減の13億円、当期純利益は21.9%減の8億500万円で、増収減益となった。
 
主力の広告事業は、パチンコ店の新規出店数の減少や案件の小型化で当初予想より低調に推移したが、異業種クライアントへの積極的なアプローチや、通販業界を主要顧客とする㈱ユーアンドユーの連結子会社化で、ホール広告の受注減少分を補填。売上高は前年同期比2.2%増の171億3,800万円だったものの、セグメント利益はパチンコ広告事業の売上減少が響き、15.1%減の16億7800万円となった。
 
当期の業況について同社の山本正卓代表取締役CEOは、消費税増税以降の個人消費低迷の影響を受けてユーザーの投資金額が減少し、ホール業界は収支面で厳しい状況が続いていると説明。収益性悪化の懸念要因とされる広告費の削減が断続的に続いたことから、全体的に広告需要が低迷しているとした。
 
次期の見通しについては、広告予算の抑制傾向が続くことが予想されることから、売上高は当期比3.4%減の167億円、経常利益は同9.3%減の12億2,000万円を見込んでいる。また今後の課題として、比較的需要が安定しているインターネットサービスの受注拡大や、今後拡大が期待されるホール向け求人広告の事業化、継続的なコストダウンなどに取り組んでいくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.