ゲンダイエージェンシー 案件の小型化で減収減益に

ゲンダイ2016年3月期決算ホール向け広告事業を展開するゲンダイエージェンシーは4月18日、大手町サンケイプラザで2016年3月期決算説明会を開催した。連結業績では、売上高が前年同期比2.1%減の169億1900万円、営業利益は12.2%減の11億4200万円、当期純利益は39.1%減の4億9000万円で減収減益となった。

主力の広告事業は、既存ホール企業の買収や居抜きによる改装オープンなどが増加傾向にあり、グランドオープン時の告知案件の小型化が進行した。大手ホールを中心とした提案活動を積極的に展開した結果、全体のホール数が減少するなかで取引店舗シェア率は前年度11.93%から13.47%に増加したが、客単価の下落が影響して低調に推移した。同社では厳しい環境のなか、デザイン業務の効率化によるコストダウンや協力会社の見直しによる原価削減などに着手。異業種法人向けのプリンティングビジネスやデザイン業務受託事業を本格開始するなど業績回復に務めたが、売上高は前年同期比2.6%減の166億8400万円、セグメント利益は12.1%減の14億7500万円となった。

次期の見通しについて山本正卓代表取締役CEOは、伊勢志摩サミットに関連して全国的に新台入替自粛が設定されていることから、第一四半期の広告需要は例年と比較して著しく減少する見通しを述べた。また、クライアントの広告予算は引き続き抑制されることが考えられるとして、屋外広告の受注拡大やインターネット広告提案の強化などによる収益構造の転換、異業種クライアントへの広告営業強化、継続的なコストダウンを積極的に推進していく意向を示すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.