シルバー電研が解散へ 一部事業を日本金銭機械に譲渡

シチズンホールディングスは3月30日、同社連結子会社のシルバー電研の遊技機器事業のうち、iクリアシステム製品及び紙幣搬送機器製品の開発・製造・販売業務及びアフターメンテナンス業務を日本金銭機械に譲渡すると発表した。同日に開催した取締役会で決議したもので、シルバー電研は事業譲渡後、解散及び清算を行う。事業譲受け期日は7月1日を予定している。
 
シチズンホールディングスでは、グループ全体の中期経営計画で遊技機器事業の立て直しを図ってきたが、業界の市場規模は年々縮小し、経営環境に厳しさが増しているとして、経営資源を時計事業や工作機械事業などに集中させることがグループの企業価値向上に資すると判断。シルバー電研の事業を存続させるための話し合いを日本金銭機械と行い、同日付けで事業譲渡契約書を締結したという。

一方、日本金銭機械は同日付けのニュースリリースで、「市場規模の縮小が続くパチンコ・パチスロ市場における事業強化の一環として、当社の連結子会社であるJCMシステムズ株式会社が展開する国内遊技場向機器事業における製品ラインナップ及び顧客基盤の拡大を図り、売上高の増加を目指すとともに、コストの削減・合理化を進めることで、技術開発力の強化、収益力の改善を図ることを目的として、本事業を取得することといたした」と発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.