セイブシステムリンク、チャリティーゴルフで子ども達にワクチン

大手販売商社のセイブシステムリンクは9月29日、千葉県成田市のグリッサンドゴルフクラブで業界取引関係者や芸能・スポーツ・文化人などを招いた第11回目となるチャリティーゴルフイベント「セイブシステム GOLF INVITATIONAL」を開催し、チャリティーオークションなどで寄せられた約200万円の浄財を認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会」(=JCV、細川佳代子理事長)に寄付した。

このイベントは、一日約4,000人いるといわれている予防可能な感染症で命を落とす子どもたちにワクチンを届け、子どもたちの未来を生み出す活動を行っている国際支援団体の活動をサポートすることが目的。同社の社会貢献を目的としたチャリティーイベントは、今回で11年連続で開催しており、今年は132名がゴルフに参加した。

主催者を代表して挨拶したセイブシステムリンクの萩原明ファウンダー・会長は、「少しでも子どもたちの幸せの役に立てれば」と語り、JCVの細川理事長は、「ポリオで亡くなる子どもを無くすために、引き続き支援をお願いしたい」とお礼の言葉を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.