プローバグループが「キッズスペース&リユースショップ」をオープン

プローバリリース広島県を中心にパチンコホール、ゲームセンターなどアミューズメント施設を展開するプローバグループ(平本直樹社長)のプロバックスは4月21日、博多駅前の商業施設「KITTE博多」内の博多マルイに、キッズスペースとリユースショップの複合店「ピノキッズ博多マルイ店」をオープンした。

同店は「ゆたかに すこやかに 大切に」をコンセプトに、子ども服を中心としたリユースショップと、子どもたちが思いきり遊べる屋内型キッズスペースで構成。リユースショップでは不要になった服や小物の買取と販売を行い、キッズスペースでは0歳から小学3年生までを対象とした遊具スペースを設け、天候を気にしないで家族で一緒に楽しめる施設にした。

この複合業態は、山口県宇部市の「ピノッキースパティオ宇部店」でも展開しており、プローバグループにとって今回の出店が九州初進出となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.