マースが新製品発表会と「MSDセミナー」

マースエンジニアリングは9月3日、都内新宿の本社ビルで「マースMSDセミナー&新製品発表展示会」を開催した。
 
今回発表された新製品では、単なる管理POSではなくマルチターミナル端末として発展させた「m8850」に注目が集まった。会員入力や景品の発注業務、伝票入庫などの事務所作業をPOS上で行なえるよう、業務の効率化を追求したほか、ホールスタッフが「会員カルテ」を活用し、来店状況や接客重要情報などをモニターで確認しながら対応できる「接客POS」としての機能をアピール。客側モニターを大型化して交換状況を分かりやすくしたほか、キーボードレスのタッチパネル式で操作性も向上させた。
 
また、パーソナルシステムをサポートする新アイテムとして、フルカラーLEDを搭載し、多彩な光による演出を行う新パーソナルランプを発表。さらに、機種情報自動取得サービスによる業務の効率化を提案したほか、導入が進むAir紙幣搬送システムで「立体Air紙幣搬送システム」を参考出品し、来場者の注目を集めていた。
 
また、当日は「MSD(マース戦略データ)セミナー」も開催。MSDプロジェクトチームの澤田陽介リーダーが、「台データ」と「客層データ」を元にした分析結果を示した。澤田氏はここで、従来の単なるアウト数値に依存する考え方を見直し、「客層データ」と関連付けて遊技客の動向を探る必要性を解説。さらに、機種ポテンシャルの見極めとして、導入2週目以降の下げ止まり区間を意識したデータ確認の重要性を示すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.