マースが新製品発表会と「MSDセミナー」

マースエンジニアリングは9月3日、都内新宿の本社ビルで「マースMSDセミナー&新製品発表展示会」を開催した。
 
今回発表された新製品では、単なる管理POSではなくマルチターミナル端末として発展させた「m8850」に注目が集まった。会員入力や景品の発注業務、伝票入庫などの事務所作業をPOS上で行なえるよう、業務の効率化を追求したほか、ホールスタッフが「会員カルテ」を活用し、来店状況や接客重要情報などをモニターで確認しながら対応できる「接客POS」としての機能をアピール。客側モニターを大型化して交換状況を分かりやすくしたほか、キーボードレスのタッチパネル式で操作性も向上させた。
 
また、パーソナルシステムをサポートする新アイテムとして、フルカラーLEDを搭載し、多彩な光による演出を行う新パーソナルランプを発表。さらに、機種情報自動取得サービスによる業務の効率化を提案したほか、導入が進むAir紙幣搬送システムで「立体Air紙幣搬送システム」を参考出品し、来場者の注目を集めていた。
 
また、当日は「MSD(マース戦略データ)セミナー」も開催。MSDプロジェクトチームの澤田陽介リーダーが、「台データ」と「客層データ」を元にした分析結果を示した。澤田氏はここで、従来の単なるアウト数値に依存する考え方を見直し、「客層データ」と関連付けて遊技客の動向を探る必要性を解説。さらに、機種ポテンシャルの見極めとして、導入2週目以降の下げ止まり区間を意識したデータ確認の重要性を示すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.