新生・太平洋クラブが事業戦略発表会、CWB香港とのレシプロ契約の締結式も

太平洋クラブは5月20日、新生・太平洋クラブの事業戦略発表会を都内港区のグランドハイアット東京で開催した。
 
会社更生手続きが終結した新生・太平洋クラブが今後、成長・発展していくために策定した新たな事業戦略と海外ゴルフ場との提携に関して説明したもので、発表会には太平洋クラブの親会社となったマルハンの韓裕社長、太平洋クラブの韓俊社長(マルハン副社長)、太平洋クラブの河本和彦副社長が出席した。

マルハンの韓裕社長は「当社は中長期ビジョン『チャレンジ2020』の中で、パチンコ事業以外の第二、第三の柱を構築していく方針を固めた。そのなかでゴルフ事業の研究をし、そのタイミングでの『新・太平洋クラブを創る会』との出会いによって、今回の事業戦略発表に至った。マルハンを急成長させた人材力とオペレーション力は、未知の世界であるゴルフ事業においても思う存分に発揮し、多くの会員とゴルフを愛する皆さんに質の高いサービスを提供できるものと思っている」と意欲をみせた。

今回発表された事業戦略では、最高のコースコンディションを実現するために4年間で合計43億円の設備投資を行い、既存コース・施設のリニューアルや機材の更新などを進める。また、ブランド戦略の一環として新しいプロショップブランド「Select the Club」を立ち上げるほか、リゾート系コースはホテルブランドを「Hotel the Club」に変更する。数値目標としては3年後の2017年3月期には98億1,300万円(来場者数70万1,230人)にまで回復させる方針だ。
 
またこの日、太平洋クラブでは、アジア屈指のゴルフ&カントリークラブである「ザ クリアウォーター ベイ ゴルフ&カントリー クラブ香港(CWB香港)」との間でレシプロ契約(姉妹提携・相互利用契約)を締結した。CWB香港から理事長のワイマン・リー氏、ゴルフ・キャプテンのデイビッド・フイ氏、ゴルフ部門支配人のピーター・ダウニー氏が出席し、太平洋クラブとの間で契約締結の調印式を執り行うなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.