DI調査、パチンコ「増台」パチスロ「減台」の傾向が顕著に

シーズリサーチはこのほど「パチンコ景気動向指数(DI)調査」の2021年1月調査結果を発表した。調査はアンケート形式で四半期ごとに行い、短期的な景況感を示す「DI値」などを算出。昨年12月10日から24日までの期間、調査票をFAXおよびWEBアンケートで回収し、73企業から回答を得た。
 
過去1カ月の売上や粗利などから総合的な景況感を判断する「全般的業況DI値」は、前回調査から4.8ポイント悪化のマイナス72.6ポイントとさらに下落。3カ月後の見通しについてもマイナス71.7ポイントと低い水準での横ばいとなっており、1回目の緊急事態宣言が解除されて以降も低迷が続いていることを示した。
 
「稼働状況」では、パチンコが前回から8.0ポイント悪化のマイナス76.4ポイント、パチスロは前回比24.2ポイント悪化のマイナス90.6ポイントまで落ち込んだ。3カ月後予想については、パチンコは70.8 ポイントまで回復する見通しだが、パチスロはマイナス91.5ポイントと依然として厳しい見通しとなっている。今後の営業施策については、パチンコの設置台数を増台すると回答した企業が15.1%、減台が9.6%となり、増減差は+5.5 ポイントとなった一方、パチスロは増台が5.5%、減台が27.4%、増減差はマイナス21.9ポイントと減台傾向が強まった。また、遊技機購入費について新台は「減らす」、中古機は「増やす」割合が高く、広告宣伝費や販売促進費などの販売管理費については、すべての項目で「減らす」割合が高かった。
 
今回の調査では、旧基準機撤去の影響や2021 年の展望に関するアンケートも実施。回答を寄せた企業からは「旧基準機撤去を境に市場に変化があると思う。その変化に遅れることなく一歩前に出たい」といったポジティブな意見がある一方、「正直、今の6号機の2400枚規制のままでは商売を継続していくだけの魅力を感じない」「収入が減ると消費も減るので、稼動が減るのは至極真っ当な理屈。2021年を耐えられなければ先はない」といった厳しい意見も聞かれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.