img_1299共同購買によるコスト削減策などを展開するアミューズメント産業事業協同組合(新井博貴代表理事)は4月19日、都内上野の組合事務所で記者会見を開催。税理士法人JNEXTと連携して相続対策の支援活動を推進することを発表した。

冒頭で挨拶した同組合の平井千元監事は「相続税は行政の通達1本で今まで節税対策として許容されていたものが租税回避と判断されてしまう複雑さがある。加えて相続税に精通した税理士が少なく、知識や経験不足から払い過ぎが生じるケースも多い」と計画的に相続対策を進める必要性を指摘した。

続けてJNEXTの荻野岳雄代表社員税理士が挨拶。提携税理士も含めて国税局OBで相続対策をサポートする同社の強みをアピールしたほか、対策の柱となる土地と自社株の相続について解説した。

最大の焦点とした自社株の相続については「自社株は簡単に売却できないので、納税資金の捻出に苦しむケースも多い。課税額は直前の決算で決まるので、自社株の評価額を下げる事前対策が欠かせない。また、株を家族名義にしていても相続とされたケースもあるので対応が必要」などと、経験と知識を持った専門税理士によるサポートの必要性を訴えた。

同組合では7月に荻野氏を講師に迎えたセミナーの開催を予定するなど、相続対策の普及活動を推進していきたいとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.