G&Eビジネススクールがマクロスフロンティア 2 の開発者講話を実施

OLYMPUS DIGITAL CAMERAG&Eビジネススクールは8月6日、SANKYOの開発担当者を講師とした特別講義「フィーバーマクロスフロンティア 2 開発者講話」を渋谷校本館で開催した。パチンコ業界およびエンタテインメント業界への就職を希望するスクールの受講生が、遊技機開発への理解を深め、仕事に対する明確なイメージを持ってもらうことを目的に開いたもので、受講生や入学予定者ら約40名が参加した。
 
講師は、「フィーバーマクロスフロンティア 2 」の開発ディレクターであるSANKYO商品本部 商品戦略室の髙林慎悟課長のほか、映像制作とサウンド制作の2名が担当。同社のパチンコ機開発に対する考えや、遊技機開発全体の流れについて説明があったほか、マクロスフロンティア 2 の映像制作・サウンド制作の意図やこだわりが、開発時の逸話とともに語られた。とくに、同機最大の特徴の一つである「歌とバトルの連動感」を生み出すに至ったポイントについて、受講生は熱心に耳を傾けていた。
 
G&Eビジネススクールでは、パチンコ・パチスロ機開発に関する特別講義を今後も継続して行っていきたいとしている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.