「Hooah!」発生率アップ、ベルコが「プレミアムビンゴ」発表

ベルコベルコは8月6日、パチスロ機の新機種「プレミアムビンゴ」のプレス発表会を上野ショールームで行った。新機種は昨年秋の販売以来、現在も高い稼動を維持している「スーパービンゴNEO」の後継機であり、「最後の夢が始まる」というキャッチコピーが示すように、11月の新規設置期限を見据えた旧基準機だ。

最大の特長は、三桁上乗せゲーム数が濃厚となる「Hooah!」(ふぅあ)の発生率を前作の1/25から1/12に2倍強にし、「セブンドリーム」との合成確率を1/9に引き上げた点にある。これにより初当り3回に1回の割合で「Hooah!」を発生させることを実現している。前作同様、1セット33G+αのAT「スーパービンゴチャンス」を搭載。1Gあたりの純増枚数は約2.8枚となっている。

一方の演出面は前作「スーパービンゴNEO」を完全継承し、「誰でも打てる」「わかりやすい」「他にはない興奮」をコンセプトに若年層から中高年層まで幅広いユーザーに受け入れられる仕様となっている。

発表会であいさつに立った同社の国本籍雄代表取締役社長は、旧基準機である今回の「プレミアムビンゴについて「スーパービンゴは、時代が変わり、新しいルールができる端境期により存在感が増し、脚光を浴びるという歴史を辿ってきた。当社としては、時代の変わり目には必ず新しいビンゴを登場させなければならないという責任を感じている。実際、新機種に対する問い合わせは非常に多い」と自信の表情で述べた。

また新基準時代を見据えた同社の展望について「各メーカーが同じ条件のもとで開発するので、当社としては逆にチャンスと捉えている。新しいビンゴ、新しい鬼浜、そしてパチンコも開発中なので皆様には是非期待して戴きたい。最近業界では『大変な時代』とよく言われるが、ベルコは逆に今一番元気」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.