【パチスロ新台】モグモグ最新作に、サンプラザ中野も興奮

ネットは12月17日、都内の原宿クエストホールで人気タイトルの最新作となるパチスロ機「真モグモグ風林火山2」の新機種発表会を開催した。当日は、同機のテーマソング「風林火山」を歌う、歌手のサンプラザ中野くんが応援に駆けつけ、スペシャルライブを披露するなど盛り上がりを見せた。

発表された新機種は、1ゲーム純増2.4枚のAT主体で出玉を獲得していくスペック。継続する初期ゲーム数は、AT発動時に同機の特徴的な演出であるモグラ叩きを経て決定するゲーム性になっており、平均48ゲームが獲得可能だ。

主なATの契機は、50ゲーム周期で訪れるチャンスゾーンとなる合戦演出がポイント。合戦演出が始動するまでに、自軍の戦力をレア小役等で高めておくことで、AT突入の期待度がアップするという仕組みになっている。随所に盛り込まれたゲーム数上乗せ特化ゾーンの存在も特徴の一つだ。

新機種を試打したサンプラザ中野くんは、「自分の曲が流れた時は、非常に興奮して盛り上がった。音もいい。20年位前にパチスロで遊んでいた時と比べると、隔世の感がある。みなさんもぜひ遊んでみて」と新機種をピーアールした。

フォトセッションに臨む左からネットの濱田弘常務、サンプラザ中野くん、本田圭佑選手のモノマネを披露したお笑いタレントのじゅんいちダビッドソン

フォトセッションに臨む左からネットの濱田弘常務、サンプラザ中野くん、本田圭佑選手のモノマネを披露したお笑いタレントのじゅんいちダビッドソン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.