【パチスロ新台】JPS、斬新な連チャンの見せ方に7セグを活用

JPSは11月27日、都内のホテルパークサイド上野でパチスロ機の新機種「テラシグマSP」を記者発表した。

新機種は液晶非搭載のAT機。1ゲーム純増約3枚となるATの塊を、BBとRBの両ボーナスに見立てて、出玉を獲得していくというシンプルなスペックとなっている。主なATの発動契機は、ゲーム数解除およびレア役から。BBは平均281枚、RBは同97枚が獲得可能だ。

ゲーム性のポイントは、ボーナス終了後最初のBET時、リール左下の7セグに数字が表示されると、その数字が次回ボーナスまでにかかる最大ゲーム数を表すという点。連チャン発生時の見せ方に、プレイヤーの高揚感を刺激する工夫が施されている。

また、ボーナスの連チャンはストックでも創出され、そのうち突如発生する「JACK POT」ランプ点灯時は、32ゲーム以内の連チャンが4回以上出現する仕組みになっている。

音声に中国語と韓国語を対応させている点も特徴の一つだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

国会議事堂

政府がギャンブル等依存症対策推進基本計画を閣議決定

2019/4/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年4月号

2019-4
主な記事:

次世代型遊技機に帯びる熱
依存対策が新たな推進要素に

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.