【パチンコ新台】暴れん坊将軍が幽霊退治

fujikaidan藤商事は12月16日、都内上野の東京支店で「CR暴れん坊将軍 怪談」のプレス発表会を開催した。
 
松平健主演の時代劇「暴れん坊将軍」のシリーズ最新作。今作では機種名にある通り「怪談」というモチーフを加え、同社が得意とするホラー系の要素を盛り込んだ。ST「成敗の刻」では、VFXを多用し、松平健演じる将軍吉宗が幽霊を退治する「怪談」と、従来のシリーズ機でお馴染みの勧善懲悪の正統派時代劇演出「活劇」の2つから遊技者が選択可能。新たな要素を加えながらも、従来シリーズの良さを楽しみたいファンにも配慮した。
 
シリーズ機は大当り確率1/399.61、ST突入率60%、ST120回転の継続率80%の「FPF」、大当り確率1/268.59、ST突入率55%、ST100回転の継続率77.1%の「FPL」の2タイプを用意した。
 
発表会では機種プレゼンテーションのほか、イメージガールFUJI★7GIRLsによるフォトセッションを開催するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.