アリストスクリーンショット(2015-04-23 10.33.53)パチスロメーカーのアリストクラートテクノロジーズが、今年いっぱいを目処に、会社清算の手続きを進めている事がこのほど分かった。5月に取締役会を開催し、正式に決定する。

同社は、グループ企業であるスパイキーブランドを通じ、今年3月「ブラックラグーン2」を市場投入。ホールでの稼動も好調だったが、今後のパチスロ市場に対する、先行きの不透明感が拭い切れない状況のなか、これ以上の事業継続は難しいと判断した。

同社はアリストクラートジャパンとして1994年8月に設立され、2000年に現社名のアリストクラートテクノロジーズに商号変更。2001年に「トリプルシューター」で市場に参入してからは、「巨人の星」を筆頭に、ヒット機種を多数販売。5号機時代に入ってからも、「絶対衝激」や、スパイキーブランドでの「ブラック・ラグーン」「学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD」などが好評を博した。

なお、グループ会社のスパイキーは存続し、市場に残る同社製機種のメンテナンス事業を継続していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.