エース電研が関西支社で女性活用セミナーと展示会

エース電研大阪1エース電研は12月12日、13日の2日間にわたって大阪市の同社関西支社において無料セミナーおよび展示会を開催、多くの業界関係者が訪れた。2部構成で行われたセミナーはいずれも女性活用、女性目線をテーマにしたもので、1部でエンビズ総研チーフコンサルタントの中辻寿夫氏が、2部で同コンサルタント・立川美夏子氏がそれぞれ講師を務めた。
 
「女性客を取り込むチャンス」をテーマに講演した中辻氏は、今後の営業戦略には、男性集客から女性集客への切り替えが重要、との見方を示しながら女性を集客するためのキーワード「安心・安全」「また来たい」「誰かに教えたい」を列挙。特に賞品カウンターの装飾や、パウダールームといった女性の目が届きやすい箇所では「女性客の感性を刺激するような見直しが必要」としながら、「賞品コーナーにはボリュームやアイキャッチ的な要素が不可欠。今でいえばクリスマス関連のものや、乾燥・肌荒れケア、ビタミンのど飴など、季節に応じた賞品構成が重要になってくる」と、具体的な取り組みを挙げながら集客戦略のポイントを解説した。
 
一方、女性活用の推進をテーマに講演した立川氏は、ダイバーシティによる組織論を展開。社内に多様な人材がいても、経営や管理者層が旧来の価値観にとらわれた、いわゆる「昭和型組織」では、様々な人材を活かすことはできない、と説明。性別や性格、学歴に偏重しない幅広い就業機会の提供によって、組織の活性化や事業展開に役立てて欲しい、と呼びかけた。

エース電研大阪2
展示会では、同社の主力製品の一つである紙幣搬送装置「ビルストリーム」の発展型ともいえる集合搬送装置を展示。島外に設置された金庫に紙幣を搬送する際、複数の島からの紙幣を1本の搬送路に集約して搬送するため搬送路と島外金庫の数を最小限に抑えることができるなど、省スペース化・効率化が図られた製品として注目を集めた。
  
また、将来的な受動喫煙対策を見据えた同社独自提案の喫煙ブースや、プロジェクターの画像を360度球体のスクリーンに映し出す球体投影機「Glomal」、さらに女性目線に沿った商材、交換用賞品など多くの商材が出品された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.