オッケー.が新機種「ぱちんこGANTZ」のプレス発表会を開催

ガンツ発表会オッケー.は10月13日、都内渋谷のベルサール渋谷ガーデンで新機種「ぱちんこGANTZ」のプレス発表会を開催した。

累計発行部数2,100万部の大ヒットを記録し、アニメ化や映画化もされた奥浩哉原作の人気マンガ「GANTZ(ガンツ)」がモチーフで、スペックは1/319.7、確変突入率65%、継続率65%の確変ループタイプ。原作の世界観を再現したギミックやフル3DCGを取り入れた液晶演出に加えて、16R確変「超GANTZ BONUS」に当選すれば、大当り後に続くEXTRAによって2,400個以上の出玉が期待出来る仕様になっている。

冒頭で挨拶したオッケー.取締役の小川博史氏は、「構想から約2年半をかけてコンテンツの世界観を忠実に再現し、斬新なゲーム性も取り入れた。今までにない出玉性能を秘めた未来のパチンコの可能性を感じていただける自信作」と語った。

ゲストには、お笑いコンビのレイザーラモンとタレントの橋本マナミさんが登場。今秋公開の映画「GANTZ:O」で声優を担当したレイザーラモンの二人は、「盤面にガンツ玉やXガンなど作品に登場する武器が付いていてファンも唸るルックスが素晴らしい」と絶賛し、橋本さんは「やるからには超GANTZ BONUSを楽しんでみたい」とアピールした。また、レイザーラモンRGさんは、カーペンターズのイエスタデイ・ワンス・モアの替え歌で得意の「ガンツあるある」を披露して会場を沸かせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.