オーイズミが新筐体第1弾、遊びごたえに注力した新機種をリリース

img_8850webオーイズミは3月21日、都内秋葉原のパセラリゾーツAKIBAマルチエンターテインメントで、新機種「パチスロ ラストエグザイル-銀翼のファム-」をプレス発表した。

フルHD15.6インチ美麗液晶や、ブーストサウンドシステムなどを搭載した約9年ぶりとなる新筐体「Xechs(ゼクス)」採用第1弾となる新機種は、物語の壮大なスケール感で人気を博した同名アニメがモチーフ。ボーナスとAT、ARTがそれぞれリンクしてつむぎだすゲーム性が最大の特徴となっている。

ボーナスはBBとRBの2タイプを搭載。BBの獲得枚数は204枚or平均獲得152枚の2通りで、RBは平均61枚の獲得となる。ARTは1ゲーム純増約1.5枚で、発動時は初期ゲーム数の抽選ゾーンからスタート。平均継続ゲーム数は200ゲーム超となっている。

ARTの連チャン性は、上乗せ高確ゾーンや特化ゾーンなどで創出。なかでも上乗せ高確ゾーンに活用されたATは、ハズレが上乗せ期待感を高めるシステムと相まって、新たなゲーム性を構築している。

冒頭にあいさつした同社の大泉秀治社長は新機種について、「ヒット機が生まれにくい状況で、悩みついて辿り着いた答えが、この遊びごたえのあるパチスロ。打ち手にとって一番気持ちいい時間を長く遊べるように設計されている。混沌とした市場に一石を投じる思いで開発した」とピーアールした。

また当日の発表会には、「冷やし中華はじめました」のネタで知られるお笑い芸人のAMEMIYAさんが特別ゲストとして登場。「冷やし中華〜」の節回しで、特別に作詞した新機種の応援ソングを熱唱するなどして会を盛り上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.